思考酒後

思考酒後

自分に入ってきた情報を定着、深化するために文章化

MENU

洋上風力発電の導入~国土交通白書・平成28年版を読んで

国土交通白書から

  • 日本の長期エネルギー需給の見通し(経済産業省)において、2030年の電源構成のうち再生可能エネルギーが22~24%と見込んでいる
  • このうち洋上風力発電については、①洋上は陸上に比べて強く安定した風が吹くことから設備の利用率が高い、②洋上は風車の大きさに関する制約が少ないため大型の風車の設置が可能という洋上によるメリットが挙げられる
  • 最大級の発電規模となると5メガワット級(約1,300万kWh/年→一般家庭約4,210世帯分に相当)があり、大きさは高さ約150mを超え、非常に大きな設備となっている。
  • 北九州市では、平成28年8月より洋上風力発電事業者を公募し、平成29年2月にひびきウインドエナジーを占有業者として選定した。
  • 総事業費は約1,750億円、5メガワット級を最大44基設置し、平成34年度より着工し、順次運転が開始される予定。

 

コメント

  • 日本の再生可能エネルギーは現状4%程度(少し古いデータですが…)となっており、それに比べると20%超は相当の進歩のように思える。
  • 現状の天然ガスや石炭が20%であり、それを再生可能エネルギーに置き換えるとなると技術革新や導入の手間等の多大な労力となることが予想される。

f:id:masa_mn:20180512091024g:plain

www.enecho.meti.go.jp

  • 地球温暖化対策計画」(平成28年5月)によると温室効果ガスを2030年度に2013年度比で26%減(中期目標)、2050年には80%(長期目標)としているため目標達成には他分野・広範囲での抜本的改善が求められていると感じた。

【技術士・コンクリート小論対策】コンクリートの生産性向上についてコンクリート工学と私見を織り交ぜて

コンクリート工学からの抜粋【2018.5】

  • 建設現場の生産性向上について未来投資会議の第一回会議(平成28年9月)において審議し、2025年までに生産性を20%向上することを目指す方針が決定された。
  • 生産性向上の方策として、i-Constructionの活用が取り上げられている。
  • i-Constructionとは、ICTやAIなどの革新的技術を導入することで生産性向上を目指す取り組みである。
  • コンクリート分野の生産性向上に向けた取り組みとして、「規格の標準化」、「全体最適の導入」、「工程改善」の3つの柱が挙げられている。
  • 「規格の標準化」において、現場打ちコンクリートの施工性向上は、①流動性を高めたコンクリートの活用や②スランプ規定の見直しについて検討している。
  • ①は近年の高密度配筋や良質な骨材不足に対応するために、②は近年の一般的でない施工条件に現在の一般的な施工条件に対応した規格とのアンマッチを解消するために、必要であると考えられている。
  • 現場打ちコンクリートの施工性向上のためには施工実験の実績を積み重ねる必要があるがこれには多大な費用と時間を要する。そのためシミュレーションにより予測する技術開発が必要とされている。
  • BIM(Building Information Modeling)やCIM(Construction Information Modeling)は3次元形状・位置データを用いるシステムであり、これらを活用することでシミュレーションの精度が向上することが期待できる。
  • (BIMとかCIMの説明に誤りがあるかも…)

 

私見

  • コンクリート分野の生産性向上に向けた取り組みの内容にはICT・AIといった革新的な技術の活用がなく、基礎的な部分の改善による取り組みが主となっていると感じた。
  • 「規格の標準化」における改善策を逆説的に捉えると、コンクリートの施工の困難さは現場で散見されており、これを改善することがコンクリート分野の生産性向上につながるととらえることができる。
  • シミュレーションのためにはBIMやCIMを活用する必要があり、そのためには解析・分析に長けた人材が必要となると感じた。
  • そういう観点で言えば初期教育や別途研修を社会全体で導入する必要もあると感じた。
  • 物質的・体力的・資源的・時間的に制約があるため、現在の主流である実証主義から解析・分析と組み合わせた技術開発がもっと加速するように感じる。
  • 全体最適の導入」、「工程改善」についても同様に学べる論文や書籍を探したい。

 

参考文献

コンクリート充填シミュレーションへの期待、山田 義智(琉球大学)【コンクリート工学2018.5】

コンクリート工の生産性向上に向けた取り組み―全体最適の導入、矢作 智之【コンクリート工学2017.9】

GW2018・大人になったなぁ…

 どうも、masaです。

 残念なことにGWが終わり、仕事が始まりました。

 僕は3連休、1勤務、5連休のGWでした。

 

 意外と予定で埋まってて「暇だな~、のんびりだな~」と思うことはほとんどなかったです。安定のアルコール浸しなのは、まぁ置いておいて充実した良いGWでした。

 

 ということで僕のGWを書いてみます。 続きを読む

2018年4月の家計簿(院卒入社7年目30歳の場合)

 2017年3月の家計簿結果

  収入は¥210,387(約21万円)、支出は¥141,390(約14万円)、収支は¥68,997(約7万円)となった。

f:id:masa_mn:20180505174032j:plain

 

 残業は20時間程度(普段どおり)で、費目の最大支出は外飲みの¥13,500(先月同様)となった。

 表は収支表を記載した。その他は交通費などで構成されている。図は変動支出割合図(支出-彼女との生活費:4万円-家賃:4万円-水光熱:1万円)を記載した。

 家賃は会社補助分を差し引いて自分が支払っている数値としている。

表 収支表

f:id:masa_mn:20180505173712p:plain

 

図 変動支出割合図

f:id:masa_mn:20180505173734p:plain

 

家計簿結果に対する感想

  • 変動支出が¥46,390となり、先月比で約8千円の節約となった。
  • 節約の要因はボルダリングをしなかったこととその打ち上げの飲み会をしなかったことや雑費が少なかったことである。
  • 収支が+¥68,997となり、まぁまぁの数値となった。
  • 平日の昼飯代¥2,506となり、これは弁当を食べずにコンビニ飯を買った費用計上となっている。つまり、コンビニ飯6~7食分で、週に1~2回コンビニ飯を食べている計算になるけど、この当たりのラインが限界のようにも思う。
  • しかし、弁当による節約効果はそこそこあるのでコツコツ続けたい。
  • 今月は引越・衣替えに伴う欲しいものの支出が¥7,000程度あったので来月はもう少し抑えられると思うし、抑えたい。
  • 来月も+¥70,000を実現できるように頑張る。
  • ちなみに仕事の基本給の定期上昇額は¥3,100で、例年同様の金額だった。