思考酒後

思考酒後

自分に入ってきた情報を定着、深化するために文章化

MENU

【一級土木】資格試験のために自作ブログを使うと勉強場所を選ばなくて良いカンジ

こんにちは、ブロガーのくせに6月はまだ1記事しか書いていないmasa@ masa)です!…不調や。

記事が書けていない理由の一つとして今月から資格試験の勉強を始めたためです。

始めたばかりで先は長いですが、途中経過報告も含めて書いていきたいと思います。

 

f:id:masa_mn:20170618122713p:plain

 

はじめに

これまで僕はコンクリート技士、コンクリート主任技士、基礎施工士という土木・建築系の資格を受験・取得してきました。今年は一級土木施工管理技士という資格を受験する予定です。正確には去年一次試験合格、二次試験不合格のため今年は二次試験のみ受験となります。

 

今年から初めて導入した試みとして「暗記すべきリスト」をブログに書き起こしています。やってみて良かったと感じているのでそのことについて書いてみようと思います。

 

▼下記リンクが僕の「暗記すべきリスト」です。

testing.hatenadiary.jp

 

 

ブログを書き始めた理由

僕は結構めんどくさがりな性格で参考書を会社と家の往復させるのが凄く嫌です。かと言って同じ参考書を買うのはバカバカしい。

ということで思いついたのは参考書の内容をブログに書き起こすという方法。参考書と全く同じ内容を自分の必要に応じて転記し、カテゴリ毎にまとめています。

 

ブログに書くメリット(勉強として)

Web上に勉強道具があるため場所を選ばずに勉強することができる。

タイトルに書いたようにこれが一番のメリットです。暗記しようとしていることが気になったりするとき、電車に乗っている隙間の時間、はたまたガッツリ勉強しようとするときなど、すべてのシーンでブログを使って勉強をすることができるのでなかなかいい方法を思いついたと思っています。

勉強は量が基本であり、成果の基礎になるので勉強できる環境の整備はしておいた方がいい。環境がなければ勉強のしようもないですし。

(環境があれば勉強できるかというのは別議論ですが、。)

 

書くことで「覚えること」としての意識付けができる。

また、ブログで記事にすると自分に対して「これは覚えなければいけない」と定義されるようで、動機付けの一つになります。

ノートに書き起こすことでも同様の効果が得られますが、やっぱりWeb上に残しておく方が利便性が高いです。

 

できる範囲の広がりが動機付けに繋がる。

下記のリンクを飛んでいただければわかるかと思いますが、僕が「既に覚えていることあるいはこれから覚えること」のリストが既に20個になっています。もちろん最初は0から始まり徐々に増えていき、今20個になっています。

地道に一つずつ増やしていく作業は地味ですが振り返ったときに相応の数になっていると嬉しいものです。自分の成果を「視える化」して、「具体化」する仕組みを整備しておくと自分の動機付けになり、自分の行動が還元されるので今後もそういう観点でものごとを進めていきたいと思っています。

10月の試験時までにはこのリストが50個くらいになっているでしょうし、50個くらいになっていたら多分、試験は合格できると思います。

testing.hatenadiary.jp

 

ブログに書くメリット(ブログとして)

誰かの役に立つ。

何気に100PV/月以上のアクセスがあり、世の中の誰かの役に立っているみたいです。完全に自分のために書いていますが、結果として見たこともなければ、今後見ることもない世の中の誰かの役に立っているようで非常に嬉しいことです。

同じように試験を受ける人の参考となっているのかも知れないと考えると感慨深いです。一緒に合格しましょう。

特化ブログのPV上昇経過を観察できる。

全ブロガーの未来永劫続く共通の問題:雑記ブログと特化ブログではどちらがPVを得やすいのか?

 

僕自身も気になっていることで、このブログ(雑記)と資格試験用のブログ(特化)を見比べることでPV上昇過程を観察できるのが楽しみの一つであります。

どんなことにも言えますが、一般的な正解が自分の場合に適用されるかは必ずしもそうとは限らないですよね?

そういう観点で自分がやった場合、どちらがが正解なのかが分かるという意味でこの試みは興味深いと思っています。自分の中での結論が出せそうで楽しみです。

 

雑記ブログと特化ブログ、どっちがPVあるのだろうか?

 

僕が心血を注ぎこんだこのブログよりもPVが増えたらそれはそれで悲しいことではありますけど。

 

その他

ここからは今、自分が思っていることを書いていきます。

習慣は強い

IQ200を超える経営コンサルタントである大前研一さん曰く自分を変える方法は①住む場所を変える、②付き合う人を変える、③時間配分を変えるとおっしゃっています。

一番実行可能な③時間配分を変える、を実行しています。具体的には朝早起きして会社で1時間程度勉強をしています。

はじめの頃は少し億劫でしたが今はもう習慣になってしまったのでほぼストレスなく勉強できています。やはり習慣は強いと感じています。習慣を変えて人生を変えましょう!

 

このまま勉強を続けられるか不安

上に書いたように平日は1時間、土日で5時間程度勉強していてそれなりに負荷を与えていますが、このペースを試験まで続けられるかが不安です。不安と思う理由としてやっと暗記したと思っていた知識が抜けたりしてモチベが下がるのとまだまだ覚えるべきことがいっぱいあるためです。

本当にこのペースで続けられるのでしょうか?勉強から逃げそうですし、逃げたら逃げたで罪悪感に苛まれそう。

 

勉強して知識が広がっていく感覚は楽しい

かといっても勉強は基本的に量に比例して成果が増えていくので楽しいです。久しぶりに勉強して久しぶりにこの感覚を得ました。なんだかんだで僕は勉強が好きみたいです。

昨日できなかったことができるようになる、昨日よりも早くできるようになる。

勉強は自分の行動によってそれが体感できるので好きですね。勉強が好きな人間でよかったなあ。

 

勉強の進捗については月1回程度書いていけたらと思います。おしまい。

広告を非表示にする