思考酒後

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考酒後

自分に入ってきた情報を定着、深化するために文章化

MENU

長期使用できるモバイルバッテリーを買った話【Anker PowerCore 20100】

ごきげんようmasa@ masa)です!

最近なにかと外に長時間いたり、旅行したりすることが多いので「モバイルバッテリーを買おう。」ということで検討しました。

検討時の条件は以下です。

  • スマホが4回充電できる
  • ポートが2個以上
  • 電池残量が目視でわかる
  • 値段が安い
  • Anker製である
  • (コンセントで充電できる)

Ankerに絞った理由は自宅で使っているコンセントにつなぐ6ポートのUSB充電機がAnkerのため統一したかったためです。

(コンセントで充電できる)と表記しているのはコンセントで充電できて、なおかつ上記の条件を満たせるような製品がAnkerにはなかったためカッコ書きにしました。

 

結果、以下の3製品が該当することが分かりました。

Anker PowerCore 20100Anker PowerCore 13000Anker PowerCore Speed 20000QC

 

製品仕様まとめ

   
 略称

価格

Amazon

充電用

ポート

電池残量

の表示

充電容量

備考

13000 2799円 2 有り 5回分 -
20000QC 4139円 2 有り 7回分 黒しかない
20100 3799円 2 有り 6.5回分

-

充電に必要な時間や寸法・重量は個人的にあまり気にならないと思い、未記載です。

電池残量の表示は4つのライトの点灯・消灯で表示され、具体的な数字で表記される訳ではありません。

ちなみに今(2017/5/6)、Amazonはセール中なのでオススメです。

また、ネットで価格調査をしましたが、Amazonが最安値でした。

 

 結果、20100を買いました。理由は、

  • 千円くらいの価格差ならいっぱい充電できるヤツの方がいい
  • 白が良かったので20000QCは除外
  • 13000は形がダサく感じたため20100とした
  • 20100は細長くてスタイリッシュに感じました

 

ということで僕は20100を買いました。

Anker製という縛りをなくせば、コンセントで充電できたり、電池残量が%表示されているものもあるみたいです。Anker製にこだわりがなければ用途に応じたやつを選べるかと思います。

広告を非表示にする