読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考酒後

自分に入ってきた情報を定着、深化するために文章化

MENU

僕の3連休

再読

3連休にしたこと

1.クリーニングの受け取り
2.ソールを足したブーツの受け取り
3,カビ対策(クローゼット、下駄箱)
4.風呂場の全面的な掃除
5.部屋の掃除
6.大量のアイロンかけ
7.ストーブを引っ張りだした
8.いらないものの断捨離
9.箒塵取りセットを買い、ベランダの掃除
10.3万歩×3日の達成
11.プランク(筋トレ)
12.カレーを作り、計6食食べる
13.自分を高めるために本を買い、1.5冊読んだ
14.太田黒公園と新宿御苑に行く
15.年の離れた友人に悩み相談
16.新しい目標禁酒を思いつく

・部屋の掃除と体型維持は死ぬまで続けるべき活動
上記に挙げたように掃除・ダイエットにかなり傾注した。
部屋が荒れると心も荒れるし、綺麗な状態を保つことは仕事にも
繋がってくると思う。
体型維持は男である以上格好を付けて生きていたいし、
少なくとも自己管理はできるようになりたいし、
努力を怠らない人間でありたいから体型維持活動は続けるべき。
不細工に生まれたからか知らないけど、
朝起きる度に「痩せたいなぁ」と思って、
その欲求はなぜかふつふつと湧き上がってくる。
格好いい大人になりたい。

ポジティブな文章を脳にインプットしていくべき

本を買おうと思った時に、本は買う価値があるのかという思考に至った。
その時に家にある本を再読し、「学びがあるか」を確認して、あるなら
買えばいいし、ないなら買わなくていいという判断に至った。
結局、「目標を達成する人と達成しない人の習慣」という本を読みなおした。
気付いたことが2つあった。
1.本気で情報を学びにいく姿勢があれば本から学ぶことはできる
2.どうすれば目標を達成できるか考えることで行動意欲に繋がって、
本を読んでいるのは自分には叶えたい目標があることを再認識できる。
この結果から本屋で本を2冊買った。
ソフトバンクホークスの監督の工藤氏の自伝的書籍と
自分を変える習慣力、著:三浦将。
言葉を真摯に受け止めて自分のことを考えたい。

・真剣になる
連休二日目に10km走って、少しくらいならとお酒を飲んだ結果、
翌日、体重が増加していた。
消費カロリー>摂取カロリーであれば理論上は体重は減少傾向を示すけど、
だから理論上はいっぱい運動すれば食べても痩せることとなる。
でも、本当に痩せたいんだったらお酒は飲まないはず。
自分の中でこんなに走ったんだから少しくらい大丈夫という
想いがあるからこんな結果になったんだと思う。
真剣に痩せるために禁酒をしようと思う。
真剣になったほうが絶対面白い。
日常の中で真剣になる生活のほうが絶対楽しい。
自分に負けないように、自分と向き合う。

大局を見る

ふとしたタイミングでせっかちは損だなって感じて、
自分にはた「大局を見る」姿勢が足りないように感じた。

信号を待っている時間を無駄だと思うこと、
自分の思った速度で歩けないこととか、
目先のちょっとしたことを気にしすぎているように思った。
もっと大きな視点で寛容にもう少し周り道して生きてみよう。

まとめ

整理整頓・運動を中心にするべきことができたいい休日になった。
人に会う予定がほぼ無かったことをきっかけに自分のことを
考え直すことができていい休日になった。
目標をもって、一つずつをクリアしていけるように
何を考えるか、何をしないようにするかを考えて必要な選択ができたら結果が出ると思う

広告を非表示にする