思考酒後

思考酒後

自分に入ってきた情報を定着、深化するために文章化

MENU

年齢は言い訳にできない。


最近、ある意味上司がいなくなって、
ある意味個人で仕事をしています。

個人で仕事をすると判断も裁量もスピードも全部自由です。
自由だけど、誰も助けてくれない。

団体を代表しているからミスも許されないし、
周囲への気配りや自分に求められていることをアンテナ張っていなければ
ならないと思います。

この前、仕事の量がオーバーフローして会議の資料の印刷を後回しにして、会議の直前に気づくというミスをして冷や汗をかきました。

これは後回しにするなら、することをメモしておけば回避できたと思います。

後回しにしても忘れることはないだろうという慢心がミスを呼んだと思います。
地味な確認を意識しようと思いました。


最近は、緊張感が少し苦しく、大人を感じています。

僕も今年で29歳になります。来年で30歳です。
もう年齢を言い訳には使えないですね。

ここからは仕事の年数ではなくて、個人の能力で仕事の出来が決まってくると
思います。

あの人だから安心できる。この人は些細なチェック漏れが多いなど…。
仕事の出来は年齢ではなく、個人で判断されるでしょうし、僕もそうしています。


当面は責任の所在の管理を意識しようと思います。
貰った仕事(ボール)をどうするかを考えようと思います。
基本はさっさと相手に返す。具体的に何をして欲しいか、何時までにして欲しいかを明確にして相手に返す。

ボールを持つなら、いつまでもつか、手放す条件を意識しておく。

周りの人に相談して、自分の仕事のフィードバックを貰う。
もっとボールを持つべきなのか、持たないべきか。ボールの持ちかたはどうか。


徹底して、緊張感を持ち続けて、何かが変わるといいな。
広告を非表示にする